マニュアル翻訳虎の巻
10.15

Acrobatのテキスト認識機能(Mac)

イラストレータ上で文字がアウトラインになっていた場合に、(完ぺきではありませんが)テキストを作ってしまう方法をご紹介します。

(さらに…)

09.05

制御文字を表示

インデザインでもイラストレータでも、「書式」メニューバーの中に「制御文字を表示」があります。 (さらに…)

08.05

pdfの「重さ」

サイト上にアップするpdfの「重さ」に苦労する話を耳にします。

高速な回線も普及し、PCの性能も格段に向上しているのに・・・です。
スマートフォンやタブレットで見る人が増えていることもあると思います。 (さらに…)

06.30

ダイレクト選択ツール

イラストレータに不慣れな方が、選択ツールでオブジェクト全体を変形するのを良く目にします。 (さらに…)

06.16

孤立点とは

Illustratorで作業しているあいだに、孤立点ができてしまう事があります。孤立点とは (さらに…)

06.03

パスを「閉じる」?

イラストレータでもフォトショップでも同じですが
書き進めたパスが一周して、 (さらに…)

04.24

多言語を一つの文書に入れたい時に選ぶフォント

いくつかの言語を一つのファイル内に収めたい という時に、どのフォントを使うかという事に悩んでしまうと思います。 (さらに…)

02.26

Wordでの画像や図版のリンク

今回は、Wordでの画像や図版のリンクをご説明します。

Office系ソフト(Word, Excel, PowerPoint)だけをお使いの方は、画像や図版をリンクするという概念が薄い思います。

Adobe系ソフト(Illustrator, Indesign)では一般的ですが、 (さらに…)

01.25

IllustratorとWordのアウトラインの違い

印刷会社のDTP環境といえば、昔からMacが主流でした。

Illustrator、InDesign、FrameMakerなどのアプリケーションを使用して、デザイン性のあるドキュメントを作成することができます。

しかし、マニュアル・取扱説明書の制作ツールについてでも述べている通り、最近では取扱説明書を作成する上でWordも欠かせないツールとなっています。

(さらに…)

01.23

マニュアル・取扱説明書の制作ツールについて

マニュアル・取扱説明書の制作ツール(アプリケーションソフト)について述べてみます。

 

代表的なソフトとして、下記の3点が挙げられます。

 

●Adobe InDesign(インデザイン)

●Adobe FrameMaker(フレームメーカー)

●Microsoft Word

  (さらに…)