マニュアル翻訳虎の巻

翻訳

01.26

韓国語版ホームページ作成について

弊社では定期的にN社様の映像関連機器の韓国語版ホームページの翻訳・制作を行っております。

(さらに…)

12.01

安全のために必ず守ること(Safety Precautions)27ケ国語版作成

PL法(製造物責任法)対策として欠かせない「製品を安全に使用するために守らなければならないこと」の27ケ国語版を作成いたしました。

(さらに…)

06.17

ブラジルポルトガル語について

昨夜のワールドカップ・アジア二次予選、シンガポール戦は引き分けというほろ苦い初戦でしたね。サッカーと言えば、現在、4年に一度、サッカーの南米王者を決める「コパ・アメリカ2015」大会も開催中です。ウルグアイの連覇か、王国ブラジルの返り咲きか、はたまたアルゼンチンの逆襲か… 7/5の決勝まで目が離せませんね。

 

ではここで、南米大陸、ブラジルでの言語について、すこし述べてみたいと思います。

(さらに…)

06.02

中国語の種類(簡体字/繁体字)について

中国大陸は広く人口も多い為、多くの言語が存在しますが、中国語マニュアル・印刷物を作成する場合や、中国語への翻訳を手配する場合には、大きく分けて簡体字(簡体中文)と繁体字(繁体中文)について理解しておいていただければ問題ないと思います。

(さらに…)

03.03

【特許翻訳について】

昨年の秋から、大手電機メーカーの特許管理部門より、特許関連の翻訳を毎月、定期的にやらせていただくようになりました。

(さらに…)

01.28

言語によって違う小数点

日本語や英語では、小数点はピリオドですが、小数点をカンマで示す言語も多くあります。
(さらに…)

04.24

多言語を一つの文書に入れたい時に選ぶフォント

いくつかの言語を一つのファイル内に収めたい という時に、どのフォントを使うかという事に悩んでしまうと思います。 (さらに…)

03.06

中国語印刷物作成時の注意事項(GB規格について)

中国市場で製品に同梱されるマニュアル・取扱説明書などの印刷物では、GB規格という中国国家標準規格により、

 

・見出し・本文の文字サイズ規定

・ノンブルに関する規定

・出版時期の明記義務

 

など、印刷物作成における規定が定められていますので、同規格に適合して制作する事が重要です。

 

中国GB5296規格について、ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。

03.03

マニュアル・取扱説明書の翻訳について (2)

マニュアル・取扱説明書の翻訳について、弊社の所感をコラム形式で述べてみようと思います。

  (さらに…)

02.25

マニュアル・取扱説明書の翻訳について (1)

マニュアル・取扱説明書制作時の翻訳について、気を付けなければならない点などを述べていきたいと思います。

 

「ネイティブ翻訳者による翻訳」と「ネイティブチェック済み」の違いについて

  (さらに…)

01.17

マニュアル・取扱説明書の翻訳(翻訳支援ツール・TRADOSについて)

マニュアル・取扱説明書の翻訳業務に欠かせない、翻訳支援ツールについて、お客様から最も多いご質問にお答えするかたちで述べてみます。

 

1.「翻訳支援ツール」って、「コンピューター翻訳」なの?

 

翻訳支援ツールとは、Google翻訳のようなコンピューターやソフトウェアが自動的に翻訳するものではありません。翻訳作業を進めながら、原文と翻訳結果を対訳データとして蓄積した「翻訳メモリー」(トランス・メモリー)を作成していき、過去に翻訳した事のある文章や類似の文章が出てきた時に「翻訳の候補」として、翻訳メモリーに蓄積された過去の翻訳結果が呼び出されてくる、という仕組みです。翻訳を行うのはもちろん翻訳者自身であり、翻訳ソフトとは異なります。主な翻訳支援ツールには、SDL社のTRADOS(トラドス)が挙げられますが、最近では、クラウド型の製品も出てきており、大型の翻訳案件で複数の翻訳者が同時に従事する際などに、複数の翻訳者でサーバーに翻訳メモリーを蓄積し、共有していくタイプで、複数の翻訳者が廉価で導入できるメリットがあります。

 

2.「繰り返し部分」の翻訳料金は無料ではないの?

 

1.で述べておりますように、翻訳メモリーに蓄積されたデータベースから、過去に翻訳した事のある文章や類似の文章が出てきますと翻訳支援ツールが「翻訳の候補」を呼び出してきますが(この部分を「繰り返し部分」あるいは「重複部分」などと呼んでおります)、お客様の中には、「一度翻訳した事のある文章が再度出てきて過去の翻訳結果を充当するのだから、その部分の翻訳料金は無料でもいいのではないか?」とおっしゃられる方もいらっしゃいますが、翻訳支援ツールが呼び出してきた「翻訳の候補」を、相応しいかどうか、採用するかどうかを判断する、あるいは「過去の類似した構文の翻訳結果」が呼び出されてきた時に、今回の原文に合わせて正しい翻訳に改訂するのは、あくまで翻訳者自身であり、そこには翻訳者としての労力、作業が発生いたします。弊社では、「繰り返し部分」、「重複部分」にあたる文章の翻訳料金は、新規翻訳料金の20%の単価といたしております。TRADOSで解析し、「新規翻訳」、「繰り返し部分」にあたる部分がそれぞれどのぐらいの量だったかも明示いたします。

 

上記のような役割を果たす翻訳支援ツール、TRADOSは、翻訳結果の統一化、スピードアップ、コスト削減に欠かす事のできないツールとなっております。TRADOSは主に、InDesign や Word などに対応しております。対応していない文書ファイル、アプリケーションなどもありますので、詳しくは弊社までお問い合わせください。