マニュアル翻訳虎の巻
01.10

マニュアル・取扱説明書の印刷(用紙のサイズについて)

マニュアル・取扱説明書印刷用の用紙については、主に以下の4種類があります。

 

A判: A4版など、A版規格の印刷物用の用紙です。(全判: 625×880 mm)

菊判: A判より一回り大きい用紙です。(全判: 636×939 mm)

B判: B5版など、B版規格の印刷物用の用紙です。(全判: 765×1085 mm)

四六判: B判より一回り大きい用紙です。(全判: 788×1091 mm)

 

印刷物のデザインにより、印刷時に余白が多めに必要な場合もあるので、A版規格の印刷物を印刷する際に菊判を使用する、B版規格の印刷物を印刷する際に四六判を使用する事も一般的です。

もちろん、A判、B判のサイズで充分に余白が足りる場合は、A判、B判を使用するのが費用的にも効率的です。

 

四六判: “しろくばん”と呼びます。“4/6判”と書かれる事も一般的です。